sarado room  へ ようこそ♪

「こころ」と「からだ」の関係

東洋医学で「心身一如」という概念があるように、「こころ」と「からだ」は密接な関係にあります。
あなたのその感情だったり、思考が、「症状」を、強いては「病気をつくりだしている」とも言えます。

 

「思考」や「信念」「物事の捉え方」などから、「その症状が発生しているとしたら・・・」

 

ちょっと立ち止まって意識してみませんか?

「症状」や「病気」の捉え方

今、あなたが感じている「その症状」は、あなたに「どんなメッセージ」を伝えてくれていますか?

 

「病気」や「症状」を改善していく上で、その「からだ」が伝えてくれている「メッセージ」を読み解いていくことは、とても重要な指標になります。

 

一度、そのメッセージを読み解いてみませんか?

「からだ」と「こころ」と「魂」

三位一体という言葉があるように、人の「こころ」と「からだ」と「魂」は切り離せません。

 

あなたのその症状や病気の原因は、生まれてからの問題(後天的要因)もありますが、生まれ持っての問題(先天的要因)も関係し合っている場合もあります。

 

「元々の持って生まれたことだから仕方がない」というのではなく、病気を捉える上では大切な要素だったりします。



更新履歴

 2018.12.12 コラボランチ会のお知らせ

2018.07.13 ホームページを作成しました。

2018.08.05 新しいメニューを追加しました。

2018.11.11      ホームページ更新しました。