sarado roomへようこそ

 

 

ようこそ sarado room(サラード  ルーム) へ  お越しいただきありがとうございます。

 

sarado room では、何となく不調なんだけど…という方から、生理のご相談をはじめ婦人科の病気でお悩みの方など、「西洋医学」「東洋医学」の考えをベースに、「からだ」「こころ」「魂」からからその症状の理由を読み解き、そして改善に導くためにサポートします。

 

そのため、まずは、ここに来られるまでのお話を伺い、西洋医学や東洋医学の両面からみた今の状態をお伝えします。その時には、「五行説」からみた生まれ持った本質(体質や気質)も合わせてみます。

 

その上で、食事の改善や生活の工夫などのアドバイスをさせていただき、どうすれば日常生活に取り入れられるのかを一緒に考えます。

 

また、 メンタルやマインドも一緒にみていきます。

何故、メンタル/マインドも一緒にみていくのかは、このブログの記事「私がメンタル/マインドの介入も勧めるわけ」をお読みください。

 

メンタルやマインドには、精神・心理学の認知行動療法を基本に、いろいろな方法を組み入れながらアプローチします。

 

また、自分自身の経験などから、サプリなどの情報もお伝えできればと思っております。

 

一人ひとり、今の生活状況は違い、やれることに限界があると思います。

その中で、あまり無理せずに続けられる方法を一緒に模索し、少しでも改善できるようにサポートさせていただきます。

 

まずは、病気で辛い思いをされている方、一人でその気持ちを抱えている方、その気持ちを吐き出しにきませんか?

そこを出していかないと、自分の病気と向き合う気持ちも起こらないと思います。

 

なお、当 room は、薬や手術などの西洋医学を否定せず、医療者として西洋医学的な介入が必要と判断すればそちらを勧めさせていただきます。

なので、どうしても手術をしないといけない状況なのに手術がしたくないから、という方には向かないかもしれません。

ただ、手術しても自分の在り方が変わらなければ再発したりします。

それを防ぐためのサポートは可能です。

 

セッションをご希望の方は、「お問い合わせ」より、お申し込みください。

 

 

 ⁂ sarado  room  (サラード ルーム)とは、ポルトガル語で「再生」「回復」の意味があります。


 

 

はじめまして

 

sarado room 代表 美紀と申します。

以後、よろしくお願いいたします。

 

看護師になって30数年、いろいろな科を経験をしてきて、本当にいろんな患者さんとの出会いがありました。そして、その患者さんたちと関わる中で、病気のタイプによって何か傾向がある気がしていました。

 

元々、心理学に興味があり、心理の勉強もしましたが「それだけでは説明のつかない何か」がずっと気になっていました。

 

また、私自身、第一線で働くことは、身体的・精神的にもきつく、激務をこなしてきたこともあり、身体に変調をきたし、子宮内膜症・子宮腺筋症になりました。

 

自分の病気に対し西洋医学ではどういう治療をし、どこまで西洋医学的にやれるのか、その結果どうなるのかは理解していました。

 

だけど何だかそれだけではない何か、あの時はそれが何かわからないけど、その何かを求めていろんな勉強をする。病気は、そんなきっかけとなりました。

 

東洋医学やホメオパシー、エネルギー療法など、精神世界(スピリチュアル)や心理・メンタルなどあらゆる方面から自分の病気について、「何故自分はこの病気になったのか?」「病気の意味するものは何なのか?」を探っていきました。それは、自分と向き合うことでもありました。

 

実際、自分と向き合うことは、病気に効果テキメンで、こんなに自分の生理が楽になるのか、ビックリしました。

 

そういった自分の知識や経験を誰かの役に立てたい

今、病気や何らかの症状を感じている人が、それらを改善していくためのひとつのアプローチになればいい

 

そういう思いから  sarado room を開きました