子宮内膜症

 

子宮内膜症は、子宮内膜の組織が子宮内膜以外の場所に成育してしまう病気です。

子宮の筋層内にできたものを子宮腺筋症、卵巣のなかにできたものはチョコレートのう胞といいます。

どの場所に発生しても子宮の内膜と同様、生理周期(月経周期)に合わせて、発育と出血を繰り返します。しかし、通常の経血のように出口がないために血腫となったり、まわりの器官に癒着したりします。また、生理のたびに激痛がおき、生理の時以外にも、排便時や性交時などに痛みが出ることもあります。

そのメカニズムや原因は諸説ありますが、西洋医学的には子宮内膜症の原因はわかっておりません。

20~30代の女性に多くみられますが、最近では10代で発症する人も増えています。

 

♦  症状としては、過多月経、かたまりが出る、強い生理痛、排便痛、性交痛、出血量が多いため、貧血などの症状も出ます。

 

♦ 子宮内膜症の内膜組織は主に子宮の周辺臓器にみられますが、「月経随伴性気胸」という、まれに横隔膜や肺、胸膜に広がり、生理周期に伴い、出血性気胸や胸痛といった症状をおこします。多くは右の肺だけにおこり、もともと子宮内膜症を発症している人にみられます。